読書メモブログ

読書して思ったこと・分かったこと

相手を理解することがコミュニケーションの基本になる理由

コミュニケーションの基本は何か

その答えは、”相手を誰よりも深く知ることにある”と言っても過言ではないと思います。

 

そこが長けている方がビジネスでも恋愛でも家庭でも、良い感じで結果を手にしていると思います。

だから相手を誰よりも深く知りましょうねってことが人間関係構築、コミュニケーションの基本にもなると思うんです。

 

なぜ相手を理解することがコミュニケーションの基本になるのか?

人間関係に大切なことは色々とあります。

どれか1つを選ぶというのは難しいと思いますが、「相手を深く知る」ということは大切なことの上位に入ると思うのです。

新版 新しい戦略の教科書」という戦略に関する本の中では、相手を深く知る事が戦略の基本で、ビジネスはその競争であると書かれています。

プライベートやビジネスでは、相手を深く知ることが結果に直結するようです。

良い人間関係とは

良い人間関係とは何か。
これも定義が難しいとは思うのですが、僕の価値観で語らせていただきますと、問題を解決しあえる関係性だと思うのです。

相手が困っていること、欲していることで、自分ができることがあるのなら助けてあげる。

それを互いが互いにやりあえる関係性というのが、良い人間関係だと思うのです。

助けるためには知ることから始まる

では相手を助けるためには何が必要なのか。

知識、スキル、時間、お金…等々色々とあると思いますし、どれも正解だと思いますが、絶対に欠かせないのは”相手のことを知る”ことだと思うのです。

相手が何にどのように困っていて、何を欲しているのかがわからないと助けることすらもできません。

選ばれるのかどうかも相手の理解度による

人間関係の中で、相手に選ばれるのか否かを迫る局面。
そういう場面もあると思うのです。

例えば恋愛やビジネスではそういう局面がありますが、その際に、自分が選ばれるのかどうかは相手をどれだけ理解しているのかに左右されます。

iPhoneを開発したジョブスは、それを「好きな人に他の男がバラを10本あげたから、自分は100本あげるみたいなことをしてはいけない。その人が本当に欲しい花を1本あげられることが大切」みたいなことを言っています。

相手を理解している度合いの深さ強さが、人間関係ではいい結果に繋がります。

まとめ

コミュニケーションの基本となるものは何か。
その答えの1つは「相手をどれだけ知っているのか」にあると言って間違いはないようです。

相手が望むことは何か、どうすれば喜び、どうすれば悲しむのか。

それを知り、そして、相手が求めていることを自分ができる形で提供することがコミュニケーションの喜び、成果と呼んでいるのだと思います。

 

ただ、相手を理解しようにもそう簡単にできるものじゃないかもしれません。
実際、人は毎分毎秒変化していますしね。それに人の数だけその正解は変わるとも思います。

だからこそ正解は何かを求めるのは難しいと思いますが、それでも、ジックリと観察して、考えて、相手を知ろうとする姿勢こそが大切なのかもしれません。

 

あなたは相手のことをどの程度知っていますでしょうか?

 

新版 新しい戦略の教科書

新版 新しい戦略の教科書

  • 作者:酒井穣
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon