読書メモブログ

読書して思ったこと・分かったこと

検索キーワードを調べるときの1つの考え方

ブログ運営をする

僕もこのブログを運営しているので、そんなブログ運営者の一人ですので、時々ブログ運営に関することをあれこれと悩むことがあります。

戦略やマーケティングの本を読んでいると、頭のどこかで「ブログ運営に置き換えると…」なんてことを考えることもしばしば。

 

例えば、検索キーワード調査1つとっても色々と考えさせられます。

そんなブログ運営において、マーケティングや戦略の本を読んで少しずつ考え方が変わってきている部分があります。

それが””をもっと意識するということです。

 

読み手の今を想像し、想定し、書く。

これが結構大切なんじゃないかな?

そんな風に思うんです。

 

検索キーワードを調べるときの考え方

ブログ記事を書く時に検索ワードを調べてから記事を書く場合。
その検索ワードを入力している人のことを想像する。

どこでも当たり前のように書かれているようなコツではありますが、これは結構大切なんじゃないかな?と思うんです。

例えば、いつも読みにきてくれている人がそのキーワードを今入力して調べているとしたら、何を知りたがっているのだろう?

こんな事を想像するだけで記事の方向性は変わってきますし、今どんなキーワードが注目や関心を集めているのだろう?を想像するだけでも、検索する人の背景を想像しなくては理解することができません。

調べる人の”今の疑問”であるという意識を持つことが基本であり答えだと思うんです。

検索キーワードがあることが大切

ブログ運営を進める上で、少しでもマーケティング意識を持って運営することを考えるなら、キーワード需要を調べることは最重要となります。

検索エンジンからのアクセスがブログへのアクセスの過半を占めますから、検索エンジンで調べられている語句=キーワードを選んで、それに合わせた記事を書くことがとても大切です。

 

検索されないキーワードで記事を書いたとしてもそれはそれで全く問題がないのですが、その場合、検索エンジンからの訪問者増はあまり見込めず、意図せずに訪問者が増えることはありますが、それは闇雲に振っていたバットにボールが当たったようなものです。

検索エンジンからの訪問者を増やすなら、最低限、検索されているキーワードで記事を書くことが求められます。

検索キーワードにも強弱がある

検索キーワードを調べて、それにあった記事を書く。
これを淡々と繰り返していると、いずれ検索エンジンからのアクセス数は伸びて来るものです。

個人差はありますが、遅かれ早かれ結果がちゃんとついてきます。

 

ただ、キーワードにも強弱があるということを意識するとより良いんじゃないかな…と思うのです。

・・・って書くと、WEBマーケティングに覚えありって人は検索数の事ですか?ってなりそうですが、それも大切ですが、ここで言いたい事はそれじゃないです。

”今”それを意識している人の人数の増減です。

 

例えば、”温暖化”というキーワードを入力する人は、夏に増える傾向があります。
でも、冬は全く検索されないというわけではありません。温暖化で暖冬なのか?という関心を持つ人もいるためだと思いますが、温暖化というキーワードはダントツで夏に爆発的に増えます。

冬の温暖化の記事を書いてもニーズはあると思いますが、夏の温暖化に関する記事を書くほうが検索数が多い分、アクセスの流入が見込めるかもしれません。

夏と冬を分けて2つの記事を書くのが正解かもしれませんが、大切なのは、今それを知りたい人が一番多い記事なのかを意識して見る意識です。

誰かにとっての”今知りたい事”

今それを知りたい人が一番多い時期なのか?を考えて記事を書く。
これを実践しようとすると、キーワード需要を調べるだけでは物足りなくなってきます。

キーワードの需要の強弱、ボリュームを意識しなくてはならなくなります。

例えば、ウクライナ侵攻によってロシアとウクライナの関係性についての興味や関心が爆発的に増えています。でも、ウクライナへの興味や関心を持つ人は以前から居ました。

ただ、今ほどウクライナに関心を持っている人が増えている時期はありませんから、こういう時勢に合わせたものを書くという意識を持つことで、キーワード需要の有無ではなくて、強弱も意識した記事を作り続けることができるようになります。

 

検索需要とは何かとなると、”今それを知りたい人”の延べ人数です。
ウクライナ侵攻が起きた時に、なぜ?とたくさんの人が疑問に思ったのでウクライナ関連の検索需要が伸びました。

そのタイミング合わせて、自分の発信できる情報を発信すれば、おのずと注目を集める記事になりやすくなります。

 

今多くの関心を集めている事に、自分の視点、自分なりの切り口で記事を書けば、それがささる人が出てきます。それが100人に1人であっても、今というトレンドにヒットしたお陰で1日10,000人のアクセスを獲得していれば、ファンが1日100人増える計算です。

そこを狙うのが大切で、そこを狙うには、”今それを知りたい人”の延べ人数を意識する事が大切です。

まとめ

今、多くの人が興味や関心を持っていること、検索していることは、今それがわからなくて困っている人が多いことを意味しています。

それについて自分が何かを書けるのなら、その記事を作って公開することで、どこかの誰かがその記事のお陰でモヤモヤを解消できるかもしれません。

そんな風にして記事を書いていくことの積み重ねの向こうに、自身のブログのファンが生まれていくのかなとも思います。

 

先日読んだ苫米地英人氏の本や動画でのマーケティングの話についてで印象的だったのが、”大きなパイの中の100分の1を狙う意識”という考え方です。

例えば飲食店を出すにしても、何においても60点の店を出すのではなくて、100人に1人は「こんな店が欲しかった!」と思わせるものを出す。99人は見向きもしないぐらいのものでOK。

そんなお店を10万人都市に出せば1,000人が顧客になります。月1回来てくれて客単価3,000円と甘く設定していても月に300万円の売上になる。ビジネスとして十分成立します。

大切なのは、”大きなパイの中の100分の1を狙うこと”という話がありますが、まさにそれです。

 

今興味を持っている人が多いことの中で、100分の1の人が喜ぶような記事を書く。
100分の1に絞り込みますから、小さなパイに向けて記事を書いても、望むような反応を得られるまでにかなりの時間を要します。

単純計算で言えば、1日10,000人が検索するキーワードに向けて100分の1が喜ぶ記事を書けば、上手くいけば1日で100人のファンが増えますが、1日100人が検索するキーワードなら100人のファンを得るには100日かかります。

なるべく大きなパイに向けて記事を書くほうが後々の成果は違ってきますので、その意識を持ってブログ運営することが大切なんだろうな…そんな事を思いました。

 

つまり、どこの誰に向けて書いているのかわからないこの記事は、まだまだ甘いってことですね(笑)

まあ、あなたの参考になったとしたら嬉しい限りです。