読書メモブログ

読書して思ったこと・分かったこと

失敗をする前提で備えることこそが大切な理由

失敗をした・・・

そんな経験は誰にとっても苦いものです。
できればそんな苦い経験は1つでも少ないに越したことはありませんよね。

だから失敗をしないように創意工夫をすることは大切なのですが、それでも失敗することはあります。

 

そんな失敗について。
失敗を悪だと受け止めすぎていると、どんどん良くない方向へと進んでしまうようです。

失敗はするものだという前提にたって行動を起こすことも大切なようです。

それが結果的に、あなたが望む、パートナーとの幸せな日々や、経済的に豊かな生活を手に入れることになるようです。

 

失敗の受け止め方としての1つの考え方

”失敗をする”ことが悪いのではありません。
それを言いだしたら、人間は全て悪という事になります。

ただ、失敗をどう扱うのかに善悪はあるかもしれません。
失敗を失敗として終わらせず、そこから学び改善すれことができれば失敗は悪ではありません。

失敗は悪くない

失敗を悪とする価値観が日本人は強いとよく言われます。

失敗をした人をとことん追い詰めて、再起不能にしようとする。そういう社会的制裁意識が強いので、失敗を恐れて完璧主義に陥いりやすいと言います。

その結果、どうなるのか・・・というと、行動しない、挑戦しないという選択が正しいとなってきます。挑戦しなければ失敗しないし、行動しなければ失敗しません。

そして、失敗を避けるためには上手くいっている方法をトレースすればいいんだということで、前例やマニュアルに従うし、未知のものは拒絶する傾向が強くなります。

そんな日本になっている気がしますが、いかがでしょうか?

失敗から学ぶことが大切

失敗を悪だとしてしまうと、行動せず、挑戦しないということが正しいという事になってきます。
挑戦も行動もしませんから、確実に衰退していきます。

だから失敗を恐れるな!となるところですが、失敗は失敗として正しい向き合い方があるのかもしれません。

それが、失敗から”学ぶという姿勢です。

失敗したけど、なぜそうなったのか。次同じ失敗をしないためにはどうすれば良いのか。
失敗から学ぶことができれば、その失敗は有意義なものになります。

格闘技の世界では、勝者が強いのではなくて、負けても立ち上がることこそが強さであるという考え方があるそうです。

負けた時にこそ強さが試されるそうです。

失敗する前提で考える

失敗に対して過敏になっている時は難しいかもしれませんが、気持ちに余裕があるときに、失敗したときにどうするのか?を考えてみると良いかもしれません。

実際、僕たちは失敗した時にピンチにならないように事前に備えているはずです。

 

例えば、自動車保険。
どれだけ万全に安全運転をしていても、貰い事故を起こすこともありますし、不注意で事故を起こすこともあります。そのような時にシッカリと保証できるようにと自動車保険に加入する。

その備えがあるからこそ安心して車に乗れるはずです。

 

誰にでも失敗をすることはあるのだから、失敗をすることを前提にして生活サイクルを見直してみる。途中で何度も失敗することを前提にして、自分の夢や目標に向かうルートを設計してみる。

失敗は起こりうるのだから、その時にどうする?を考えることが大切なのだと思います。

逆に言えば、失敗が怖いと感じる時は、失敗した時にどうすれば良いのかが見えていない時なのではないでしょうか?

まとめ

失敗をする前提で備える。
これが失敗しても大丈夫だという安心感につながり、行動への難易度を下げてくれることになります。

行動をしやすくなりますから、どんどん成功も増えていきます。

だから、失敗に備えて準備しておくことが大切で、逆に言えば、今のあなたはそれが出来ていないから失敗が怖いと感じているのではないでしょうか?

もし心当たりがおありなら、失敗への備えを見直してみて、不十分だと感じたなら、自身が安心できるように備えを構築して見ることをオススメします。