読書メモブログ

読書して思ったこと・分かったこと

努力は無駄にならない1つの理由

努力や頑張りが報われない

そういった事が人生には一度や二度、いやもっとかな・・・どうしてもあるものです。

虚しさを感じますし、当然悔しい気持ちでいっぱいになると思います。
そして、こうも思うかもしれません。

 

「頑張りや努力は無駄だった・・・」と。

気持ちはわかります。
わかりますが、それは間違いなんです。

むしろ逆で、ものすごく大きな価値を手に入れたのです。

 

頑張り、努力をしたあなたは、特別な存在と評価され、それに見合った価値をこれから何度もたくさん受け取ることになります。

なぜかってことを少し書かせていただきます。

 

頑張りや努力は無駄になることはない理由

形のあるものにも価値はありますが、形のないものにも価値はあります。
そして、形のないものには素晴らしい特徴があります。

それは、”時間と共に劣化していくことがない”ということです。

これは著名投資家の瀧本哲史さんが書かれた「戦略がすべて (新潮新書)」という本を読んで僕自身が衝撃を受け、それ以降ずっと意識していることです。

努力や頑張りという目に見えないもの、そして、その人にとってプラスの財産になるものを多く持てば持つほど、それらはあなたの味方となってくれます。

ブランディングという考え方

形のあるもの、形のないもの。
それぞれに価値がありますが、物重視の世の中にいると、形のあるものを重視してしまいがちです。

でも、一流企業などは以前から形のないモノに非常に重視していて、今現在、世界的企業となっているところは、全てこの価値を大切にしています。それはブランド価値です。

 

例えば、ヴィトンやシャネルと言った一流ファッションブランドは多くの人が知っていますし、ベンツやフェラーリなども一流というイメージを持っているかと思います。

なぜそのようなイメージを持っているのかというと、知名度が高いこともさることながら、商品は一流品であることを情報として知っているし、高級感あふれるイメージも同時に持っているからだと思います。

つまり、ブランドイメージがあなたの中に深く浸透しているからだと思うのです。

 

このようなブランドイメージ、時間と共に劣化していくことがまずありません。
逆に、一流ブランドのアイテムであっても、形のあるモノは時間と共に劣化していきます。車であろうが、バッグであろうが、経年劣化や使用劣化によって価値が落ちていくものです。

でも、ブランドイメージは時間が経過しても落ちません。
だから、何十年も一流ブランドとしての地位を保てているという側面があります。

目に見えないものの価値を高めるておくと、なかなか劣化しないのです。

個人にもブランドイメージがある

ブランドイメージは、ファッションブランドのようなものにだけ必要なものじゃないの?と思われるかもしれませんが、多分、それは間違いです。

一個人でも、その個人のブランドイメージというものがあると思うのです。

あなたという人間はどのような人間なのか。
見た目やプロフィール的なモノもあれば、性格などの内面的なものもすべて含めてが、あなたというブランドイメージに繋がっているはずです。

 

例えば、Aさんは見た目は良いけど少し嘘つきだとなると、そこから連想されるイメージってありますよね?

Bさんは見た目は平凡かもしれないけど、寄り添える優しさがある人だとなると、それらを含めた全体像をブランドイメージとして持つと思うのです。

個人にもブランドイメージのようなものはありますし、内面という”見えない部分”の印象でかなり左右されます。

見えない部分の良さは劣化しない

企業がブランドイメージの向上に力を入れるのは、時間と共に目減りしない価値だからです。
100年間積み上げてきたブランドイメージは、その100年間という時間の長さも味方してくれます。

これがモノなら、100年前のモノは貴重なアイテムとしての価値はありますが、それを使用して得られる価値は限りなくゼロに近くなっています。

形のあるものは時間と共に劣化するけど、形のないものは時間が経っても劣化しにくいのです。

 

人間に置き換えると、あなたの努力、あなたの頑張りといった、プラス方向の見えない価値はあなたのブランド価値を高める上で大きな意味を持っています。

例えその努力や頑張りが報われなかったとしても、その努力や頑張りを知る人からは「あきらめずにやり抜く人」という価値をあなたに見出すはずです。

それは今後、「あいつは逆境に置かれても負けずに頑張りぬく根性がある」と事あるごとに紹介されるかもしれませんし、実際にその通りなのですから、常にどこにいても一目置かれる存在になるはずです。

 

内面の価値、見えない価値を高めると、一生あなたのブランドイメージとして大きな意味を持ちますので、努力や頑張りが無駄になることはありません。

まとめ

努力や頑張りが無駄になったかもしれない…と愕然とすることは、一生のうちに何度かあるものです。できれば一度も味合わずに居るほうが良いのですが、それでも、どうしても味わってしまうことがあります。

その時に、努力や頑張りが無駄になったと思ったとしても、実はそれは勘違いなのです。
努力して頑張れたことは、一生涯あなたのプラスの価値をもたらしてくれることになります。

なぜなら、目に見えない価値はそう簡単に目減りしないからです。

「あいつは根性がある」「あいつは努力家だ」みたいな、目に見えない価値は一生その人の評価としてつきまといますから、プラスの頑張りは必ずプラスの恩恵をあなたにもたらしてくれます。

 

目に見える価値ばかりに目が奪われがちですが、むしろ、目に見えない価値のほうが重要です。
努力や頑張りは必ずあなたの財産、あなたの資産となってくれます。