読書メモブログ

読書して思ったこと・分かったこと

【書籍】自己肯定感を上げる OUTPUT読書術の感想

 

自己肯定感を上げる OUTPUT読書術の内容

メインテーマ:あなたらしいアウトプットを実現するための読書術

読書は人を育てる

読書は知識を与えてくれるだけではなく、その人の精神を育ててくれる。
例えば、一冊読み終えるたびに味わえる達成感は、自己達成感や自己肯定感を育ててくれる。

しかし、読んだだけではその本はまだ自分のものとはなっていない。

自分のものにしていくためにはアウトプットが大切なのです。

アウトプットを前提にした読書体験の重要性

読んだ内容を覚えるためにはどうすれば良いのか、血肉にするにはどうすればいいのか。

それはアウトプットをすること。
アウトプットを積み重ねることが知識として自身の中に備え、メンタルを育ててくれることになる。

例えば、読み終わった本の感想を軽く書き留める。
それだけでも、十分に意味も効果もある。

スムーズなアウトプットを実現するためのノウハウ

アウトプットに不慣れな人、イマイチうまくできない人など、アウトプットに躓く人が意外と多いかもしれないけど、それもそのはず。

アウトプットをするための読書には、そのための少々の準備が必要が欠かせない。

そこを欠いているからアウトプットが上手くいかないというのが現状だと思われるので、その読書をアウトプットにつなげるための手法がまとめられています。

 

自己肯定感を上げる OUTPUT読書術

自己肯定感を上げる OUTPUT読書術

  • 作者:アバタロー
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
Amazon