読書メモブログ

読書して思ったこと・分かったこと

説得が上手い人が意識している4つの分類

納得した

納得できた。
そう思って行動を起こしてもらえることが出来れば、伝えた側も伝えた冥利に尽きますよね。

でも、人が納得するように伝えるというのはとても難しいものです。

 

伝言ゲーム的に情報を伝えるだけでも難しい時があるのに、相手の心を動かし、行動を変えるために伝えるとなると、それはもう高難度ミッションです。

でも、それを人よりも上手にこなせる人が居るのも事実です。

そんな人は何が違うのか。
正解は1つじゃないとは思いますが、”相手に合わせて伝える工夫”をしているという事実があるようです。

 

説得が上手い人が意識している4つの分類 CSI

説得が上手い人は、相手に響く話し方で話している。
決して、自分の言いたい事をどれだけ流ちょうに話せるのかにこだわっているわけではありません。

相手が聴きたい内容を、聞きやすい伝え方で伝えているからこそ、しっかりと伝わり、伝わるからこそ、納得に繋がり、行動にも繋がっていくのだと思います。

では、どんなことを意識して伝えているのか。
その意識づけのヒントとして、次のような分類の仕方があるそうです。

CSIで相手のタイプに合わせて話す

相手に伝わりやすく伝えるためには、まず相手をある分類で分ける。
そして、そのタイプに合わせて伝えることが良いよと教えてくれている本があります。

その本によりますと、人間はこの4つのタイプに分かれるそうです。

  感情が表に出ない 感情が表に出る
自己主張が強い
自己主張が弱い
  • A … 自由奔放 → データではなく夢を語る
  • B … 縁の下の力持ち → 一緒にやろう
  • C … 君主専制 → 結論からいう
  • D … 求道者 → 夢ではなくデータで語る

こういうタイプわけができ、そのタイプの特徴に合わせた伝えた方があるそうです。

あなた自身に当てはめて見るといかがですか?
確かにそういう伝え方をされると、ちょっと響きやすいかもな…とか思われたのではないでしょうか?

僕はその日によって変わるという感じですが、AかDです。時にはCもあるかな…Bはないと思います。

 

もしかしたら、そんな単純に人間を分類できるわけがないと思われる方も居るかもしれませんし、それはごもっともです。

人間を単純に分けることはできません。
ただ、一つのたたき台にはなるとは思うのです。

Aに近いからこうすれば良いかな…でも、ちょっとD要素も入っている気がするので、データもサブ的に提示していこうかな…という感じで。

根拠もなく、行き当たりばったりで、自分の勘だけを頼りに言いたい事を伝えまくるよりは伝わりやすいのかな・・・と僕は思います。

説得力を高めるための分類を知って思う事

CSIという4つの分類方法を知って、「なるほど、だから俺は説得が下手なんだな…」と痛感しました。

相手がどのタイプなのかを意識したことはなく、ただただ熱量で押し切ればなんとかなると思っていたからです。めんどくさい説得の仕方だな…と苦笑いがこぼれました。

同時に、こんなことも脳裏をよぎりました。

ブログ記事を書くということ

身近で日常的なことと言えば、ブログを書くという行為です。

説得しようというつもりはありませんが、どうすればもっと伝わりやすくなるのかな…は常に悩んでいますし、勉強を重ねている毎日です。

その中で、読み手(ターゲット)を意識することの大切さを説く本によく出合います。

一応、想定はしているのですが、もしかしたら、CSI分類で観た場合、どこの位置する人に向けてなのかを意識するほうが良いのかな…とふと思ったのです。

 

基本的に結論から先に書くことを意識していますから、CSI的には君主専制型の人には響きやすい内容になっているかもしれませんが、想定している読者がそういうタイプなのかというと多分違います。

でも、ブログ記事は結論から書くほうが多分読みやすいだろうしな…という、次のレベルの悩みに今突入しています。

熱意の空回りする説得

過去に説得を試みてもうまくいかなかった経験が多々あります。

むしろ、説得がうまくいった経験の方が少ないとすら思っていて、自分は説得には不向きな性格なんだろうなと思ってもいますし、それを確信してもいます。

熱意をもって熱く語れば伝わると思っていたのですが、これって伝える側の勝手な理屈で、説得される側はそんなのを望んでないことのほうが多いと思うのです。

でも、熱く語るからむげにできずに付き合って聞いているだけということも往々にしてあったと思います。

なんというか、男女の別れ際の猛アプローチみたいなものですね。

まとめ

相手に伝えるのが上手い人は、その相手に合わせた伝え方をしています。

ただ、相手に合わせて伝えるといっても、どういう風に分析して判断すれば良いのかという部分が難しいと思います。そこで役に立つのがCSIという分け方です。

感情の表出度合いと自己主張の強弱で分類して、伝え方を工夫するという考え方です。

これを1つのたたき台として伝え方に工夫を加えると、あなたの言いたい事、伝えたい事がより深く広く伝わり、刺さり、相手を動かすことになるかもしれません。

 

ふと思ったのですが、恋愛の中でデータを持ち出す会話は相性が悪そうだなと思って表を確認してみましたが、納得が行きました。

恋愛って思いっきり感情が表に出る場面ですもんね。そりゃデータは合わないですね。
感情が表にでている相手に伝える時の伝え方は、「夢を語る」か「一緒にやろう」です。

恋愛の場面で相手に伝える時の伝え方としては、鉄板かつ正解の伝え方ですよね。

なるほどな…と妙に納得しちゃいました。