読書メモブログ

読書して思ったこと・分かったこと

【書籍】やり抜く人の9つの習慣の感想

やり抜く人の9つの習慣の内容

心理学的根拠を土台にした習慣習得法

目標を建てる。
その目標を達成するために、自分自身の習慣を整える。

その習慣を整える上で、どういうアプローチを取り入れれば成功しやすいのか。
個人的な主観や経験論ではなく、心理学理論を土台とした、目標達成のための習慣習得法が9つに厳選されてまとめられています。

やり抜く人の9つの習慣のポイント

目標を建てることの重要性とコツ

目標を建てて、それを達成できる人にある共通点として、目標に具体性を持たせるということを強く強く提唱されています。

逆に言えば、目標を達成できない人は具体性がない目標を建ててしまうので達成できないという点にあるようです。それが目標を達成する過程で満足してしまって断念してしまう要因にもなっています。

だから、とにかく具体的な目標を建てる事。
そして、それはどうすればいいのかについて説明されています。

目標を達成しやすい”人”になる

目標を達成できるのか否かは、テクニックや行動習慣に左右されるわけではなく、その人の”考え方”にあるようです。

言い換えれば、思考習慣です。

目標をどういう捉え方をしているのか。
その捉え方の癖がそのまま達成率の上下に影響を与えていますので、目標を達成しやすい人になることが大切です。

では、目標に達成しやすい人とはどのような人なのか?がまとめられています。

というわけで・・・

非常に薄い本ですので、その気になれば1時間もかけずに読み終えることができる内容となっています。しかし、そこに書かれている内容は濃く、1ページも無駄がありません。

非常に充実している書籍です。

何か達成したいことがあって、そのために習慣を身に着けたいと思われているなら是非手に取ってほしい一冊です。