読書メモブログ

読書して思ったこと・分かったこと

【書籍】超速読力の感想

超速読力の内容

速く読むための考え方

読書のスピードを上げるには次の3点が重要になってきます。

  • 要点を掴む
  • 文章の構造を把握する
  • 主張を理解する

この3つを素早く実現できれば本を早く読むことができるようになります。
では、その3つを素早く実現できるようになるにはどうすればいいのか・・・。

そこの重点が置かれて書かれています。

管理人の超速読力の感想

読書法の本を読むとなると高確率で齋藤孝先生の本に行きつきます。
この本もその1冊で、テーマは速読。

ただ、いわゆるスキルとしての速読とは一線を画しています。
眼を早く動かすとか、そういうテクニカルな話ではありません。

本を1行目から読まなくていい、最後から読んでもいいなどなど、いかに短時間で本の内容を理解するのかという方向での”速読”術がまとめられています。

大量の読書をこなしていけばそれらは無意識的に身につくような事かもしれませんが、その大量の読書体験で得られるスキルを1冊の新書に落とし込まれているという印象です。

読書時間を短縮するだけではなく、速読を習得するための時間を短縮するという2つの意味で時間の節約に繋がる、読んで損はない一冊だと感じました。

読書を習慣化していきたい方にはお勧めの一冊です。