読書メモブログ

読書して思ったこと・分かったこと

【書籍】「1日30分」を続けなさいの感想

「1日30分」を続けなさいの内容

たった1日30分でも積み上げていけばいくほど、その30分は自分自身の血肉になり、あなたを飛んでもなく素晴らしいレベルにまで到達させてくれる。

だから、たった30分でもいいので、自分自身に投資しましょうというのが主な内容です。

過去の勉強が現在の収入になっている

出世したい、お金持ちになりたい等々・・・それらを実現するためには勉強は不可欠です。

しかし、勉強をしようという人が多くいないのが現実で、パレードの法則を用いますと、8:2の8は勉強を嫌い、2は勉強を好むと言う傾向がそこにはあると推測されます。

その2側になるための勉強の基本的な知識が書かれています。

1日30分を続けるための方法

著者自身が、1日30分の勉強(本当はもっと多くの時間)を費やして今の地位やキャリアを築いてきています。では、どのようにして1日30分の勉強時間を確保してきたのかが書かれています。

誰でもできるけど、やろうとして、実践している人が少ない。
だからこそ、頭1つ簡単に抜けることができる勉強法が書かれています。

英会話の勉強法

具体的な勉強法の実例として、英会話を例に出して具体的に説明されています。

なぜ勉強をしても英会話ができる人が少ないのか。
どうすれば英語を話せるようになるか。

そのようなことが具体的に書かれています。

「1日30分」を続けなさいの感想

本そのものがやや古い本ですので、内容が乏しい印象がどうしても否めません。

勉強習慣について書かれている本ではありますが、どうすれば勉強を習慣にできるのか・・・については、具体的な事例が乏しく、またネット上にある記事でも十分に事足りる部分も多々あります。

これは決して書籍が悪いと言う意味ではなく、発売当初には十分価値がある内容だったけど、多くの人が情報発信をするようになった現代においては、その価値が相対的に薄れたというだけではありますが、学習習慣を学ぶ上では、この1冊だけではやや物足りないかもしれません。

 

でも、勉強をシッカリと習慣にしたいと思う方には、知識の1つとして十分に役立つかと思いますので、是非手に取ってみてください。