広島県・呉市阿賀中央8丁目の宝石店での強盗致傷事件(解決済)

事件の概要
  • 宝石店にて強盗致傷
  • ショーウィンドウを破壊して盗もうとしていた
  • 店長が気づき止めに入ったところ、頭部を殴打される
犯人の特徴
  • 男性2人組
  • 少年とみられる

事件について

内容

24日午後5時50分ごろ、呉市阿賀中央8丁目の宝石店で、閉店作業中だった経営者男性(62)が店外のショーウインドーのガラスが割れる音に気付き、店外に出たところ、男2人に頭部を殴られた。2人は宝石などの商品を物色しており、現場から逃走。強盗致傷事件として捜査していた広署が、身柄を確保し事情を聴いている。容疑が固まり次第、逮捕する方針。

広島県警によると、2人は少年とみられる。

呉市の宝石店で経営者が頭殴られる 逃走の2人身柄確保 広署が強盗致傷事件で捜査 | 中国新聞デジタル
 24日午後5時50分ごろ、呉市阿賀中央8丁目の宝石店で、閉店作業中だった経営者男性(62)が店外のショーウインドーのガラスが割れる音に気付き、店外に出たところ、男2人に頭部を殴られた。2人は宝石など...

場所

犯人逮捕に至りました

無事に犯人が逮捕されました。
犯人は中学生二人でした。

広島の宝石店強盗で中学生2人逮捕 | 共同通信
広島・呉市の宝石店で強盗致傷事件 中学生2人を逮捕
呉市内の宝石店でネックレスを奪い、店の経営者の男性にケガをさ せたとして14歳の中学生2人が逮捕されました。

コメント