Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ルレアのロングレンジを実践するために押さえるべき2つのポイント

ルレア実践録

100万円以上稼ぎたい必須のスキル!

それがルレアプラスのロングレンジブログ
いわゆる資産ブログと言われるものです。

アフィリエイターが目指すべき最終形とも言われており、ルレアの作成者も是非チャレンジしてみて欲しいと謳っているサイト形式です。

そのロングレンジブログとは何かについて、実践した経験を踏まえて書かせてもらいます。

スポンサーリンク

ルレアプラスのロングレンジブログの基本

ロングレンジブログとは何かという基本の部分。
一口に言えば、「上流から下流まで網羅したブログ」です。

正反対の概念がショートレンジブログだと言えば、よりわかりやすくなるかもしれません。

ショートレンジは購買直前の方を対象にしたブログ形式の事を指していますおり、その正反対ですので、購買意欲がまだ高まっていない人をも対象としたブログ。

それがロングレンジブログです。

ロングレンジのメリット

ロングレンジブログのメリットは、何よりも大きな収益」が「安定しやすいという事にあります。

安定した大きな収益が入ってくる仕組み=ロングレンジブログ

もう魅力的ですよね?

大きな収益

なぜ大きな収益になりやすいのかと言いますと、多くの記事数を要する概念だからです。

まだ何かを買うつもりがない方に、その問題の原因はコレじゃないですか?その解決に効果的なこんな商品がありますよ、いいでしょ、ぜひどうぞという段階にまで進めていくコンテンツを用意します。

各段階に見合った記事が必要ですので、記事数が必然的に増えてきます。
記事数が増えると、その各記事にアクセスが集まるようになります。

100記事全てに1日1アクセスの訪問があれば、1日100アクセスが安定的に獲得できる事になり、そのアクセスは全て収益につながる可能性を秘めたアクセスです。

これが大きな収益につながりやすい理由です。

安定しやすい

ロングレンジには安定しやすいというメリットもあります。

ブログ記事が増えると、各記事が検索エンジンに評価され、その評価がブログ全体の評価へとつながります。

100記事全てが検索エンジンから良い評価を得ているのなら、その100記事分の評価がブログ全体の評価になり、このブログは良い記事が多いから、なるべく上位に表示させておこうかな・・・となり、検索順位が安定しやすくなります。

放置状態でもアクセス数が増減するリスクが非常に低いので、収益が安定しやすいのもロングレンジのメリットです。

ロングレンジのデメリット

何事にもデメリットはあります。
ロングレンジブログにもデメリットがもちろんあります。

そのデメリットをどう解釈するのかが、実はとっても重要になってきます。

時間がかかる

ロングレンジブログは、多くの記事数を必要とします。
そして、すべての記事を丁寧に作り上げていく事になります。

仮に100記事を目標として、1記事作成に対して2時間かかるとするなら、200時間の作業時間を確保しなければいけません。

もし毎日2時間ずつ確保しても、100日は黙々と作成を続けなければいけません。

反応が取れるかがわからない

作成したいかなるブログであっても必ず成果が発生するという事はありません
大当たりするブログがあれば、どハズレするブログもあります。

こればかりは実際に立ち上げてみない事にはわかりません。

経験上、100記事も書いて成果が全く発生しないという事はまずありえないとは思いますが、100記事100日間かけて作成したロングレンジブログの成果が1カ月10,000円程度では、割に合わないと思います。

数日で作成するショートレンジブログでも1カ月10,000円レベルなら稼ぐ事ができますので、同じ作業時間を費やすなら、ショートレンジブログを作成したほうが割が良いという事になります。

個性が求められる

ルレアでは全く触れてない部分ではありますが、ロングレンジブログはとにかく個性が重要です。

誰に向けて、誰が、何を書いているのか。

この部分で差別化しないと、どうしても似たり寄ったりな無個性なブログになります。

しかも昨今のブログは個性を大切にしているモノが増えていますので、上手に個性を打ち出さないと、その他多数の中に埋もれてしまいます。

スポンサーリンク

ルレアプラスのロングレンジは初心者にはオススメできない

ロングレンジとは何かという基本の部分とメリットとデメリットをピックアップしましたが、うまく伝わりましたでしょうか?

そして、ここからが僕のロングレンジに対する考え方です。

ロングレンジにトライしたが今一つ手ごたえを感じなかったので、途中で放置状態にしている僕が感じている事を基にしていると思って読み進めてください。

ロングレンジは最後でいい理由

ルレアのマニュアル内ではロングレンジから着手してもいいですよって事が書かれていますが、これは、アフィリエイト経験者に限りという注釈がかなり強く入ります。

他の方でもロングレンジから着手する事をオススメする人も見かけますが、僕は初心者がロングレンジに着手するのは全くオススメできません。

もしあなたが僕の親友で、「まずロングレンジをやる!」と言い出したら、絶対に止めます。

それはこんな理由からです。

モチベーション

ルレアでは、ロングレンジのほかに、ミドルレンジ、ショートレンジというブログ形式が提唱されています。

どれから着手してもいいとされていますが、僕はショートレンジ、ミドルレンジと進んで、最後にロングレンジに着手する事を強くオススメします。

理由は簡単です。
稼げる状態を1日でも早く作り上げないと、モチベーションが持たないからです。

ロングレンジは作業が膨大な分、成果の発生をしばらく我慢しながらの作業になります。では、どれぐらい我慢しなければいけないのか・・・。

わかりません。
3カ月かもしれませんし、半年かもしれませんし、1年かもしれませんし、そのロングレンジブログでは成果が発生しないかもしれません。

それをグッと我慢して作業を続けるのは想像以上に大変です。

成果が発生する喜びを先ず知り、そこから報酬が入る生活を味わい、ある程度報酬が得られるようになった後、更に報酬を伸ばして、安定感を増すためにロングレンジにトライするほうが良いと思います。

スキル

モチベーションに関してだけではなく、スキル面でもロングレンジを最後にしたほうが良いと僕は考えています。

僕の捉え方では、ロングレンジは、ミドルレンジの考え方、ショートレンジの考え方を全て備えています。

ショートレンジよりも少しだけターゲットとする客層の幅が広いのがミドルレンジ。
ミドルレンジよりも対象とする客層の幅がさらに広いのがロングレンジです。

全ての考え方を内包しているので、ショートレンジ、ミドルレンジと、順番に成功体験を積み重ねてから取り組むほうが、ロングレンジの成功確率は上がると僕は考えています。

スポンサーリンク

ミドルレンジの延長上にロングレンジがあると思っている

ルレアのロングレンジは、全てのアフィリエイターの望む最終形態だと思います。

僕もロングレンジをいずれは1つ、2つと作っていきたいと思っていますが、ミドルレンジの延長上にロングレンジがあると僕は捉えていますので、まずミドルレンジの成功例を作り、それをロングレンジへと育てるほうが理に適っているのでは?と思っています。

そのため、今はミドルレンジをゴリゴリ作成中です。

1つ2つと成功しそうな匂いの感じるミドルレンジが生まれていますので、これをロングレンジとして伸ばす事ができれば、安定した大きな収入を得る事も夢でもなんでもないと思っています。

僕のマネをしろ!とは言いません。

ただ、ロングレンジうまくいけばウハウハやんけ!みたいな、メリット面だけを見て行動しようとしているのなら、今一度立ち止まって、本当にそれでいいのか?という事を考えてみる事をオススメします。

ショートレンジで成功体験を積み、ミドルレンジで文章力などのコンテンツ力を磨き、そして安定を求めてロングレンジに着手する。

そんな流れでいいと思いますよ。