Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ルレアのミドルレンジがアフィリエイトの基本形である3つの理由

ルレア実践録

コスパよく稼げるブログアフィリエイト形式はミドルレンジ

ルレアプラスのメインメソッドは何かとなると、ミドルレンジブログにあると考えています。

ルレアで提唱するブログ形式の中で最もブログの完成系がイメージしやすく、且つまとまった報酬が得られ、そして、損切りしやすさを兼ね備えているのではないだろうか?

アフィリエイトで本格的に収入を得ようと思っている方には、是非オススメしたいブログ形式です。

スポンサーリンク

ルレアプラスのミドルレンジブログの基本とメリット

ミドルレンジブログとは何か。

簡単に言うと、ある商材の購入を検討している人と、今すぐ買おうと思っている人を含めてアプローチするためのブログです。

このミドルレンジには次のような3つのメリットがあります。

購入検討客を視野にいれるということ

今スグ購入したい人を対象としたブログ形式をルレアではショートレンジブログと呼んでおり、このショートレンジブログのメリットは、比較的簡単に成果が発生しやすいという事です。

その反面、今すぐに購入したいと思っている人の数と、その人たちに向けて情報発信しているライバルブログの数(いわゆる需要と供給)の兼ね合いから、大きく成果を伸ばしにくいというデメリットがあります。

ミドルレンジブログは、今すぐ客はもちろん、半ば購入するつもりでいるが少し不安要素が残る段階の検討客をも対象としているので、ターゲットとして想定するお客の分母がグンと増えます。

分母が増えますので成果に繋がる数も増え、月に10万円前後の報酬を手にする事も十分可能です。

順位とアクセスが安定しやすい

ミドルレンジブログには記事を15記事から30記事ほど用意するように推奨されています。

もちろん全てシッカリと作りこんだ記事です。

(今は適当な記事でOKという時代ではありませんので、記事を作成するイコール作りこんで仕上げるというのはワンセットなのですが・・・)

作りこんだ記事を作成しますので、各記事が検索エンジンから良い評価を得やすく、検索エンジンから各記事が良い評価を得る事で、ブログ全体の掲載順位やアクセス数が安定しやすいというメリットがあります。

ライバルが強力すぎないキーワードでブログを立ち上げた場合、ほぼ必ずと言っていいほど、遅かれ早かれ上位10以内にランクインできます。

つまり、成果を発生させやすいという特徴を持っています。

損切がしやすい

中には、鳴かず飛ばずなブログになることもあります。
こればかりは蓋をあけてみないとわからない事ですから、仕方がありません。

ただ、鳴かず飛ばずなブログだな・・・と判断した時のダメージが、それほど大きくありません。

ミドルレンジの場合、大抵30記事ほどです。
1記事に2時間費やしたとして、30記事×2時間=60時間です。

(1日1記事で1カ月に1つ立ち上げられるのも魅力です)

60時間を無駄にするのは痛い事には違いがありませんが、何カ月もかけて、たくさんの時間をかけて無駄だったとわかるよりも遥かにダメージが少なく済みます。

逆に言えば、60時間かければ反応が取れると判断できるので、反応が取れると分かった時はそのブログを充実させる事に時間を集中的に投下すれば更に収益を伸ばす事も可能です。

投資家が成長株に更に資金を投入するようなもので、伸びると判断してから時間を投下できるので、費用対効果の良いブログ運営が可能です。

スポンサーリンク

ルレアプラスのミドルレンジブログのデメリット

月に10万円以上の成果を得る事ができるポテンシャルを秘めている。

なおかつ、反応が取れそうにないという判断も、反応が取れるという判断も、比較的早くに取る事ができるので、時間という重要な資産を無駄にする事がない。

アフィリエイトで収入を得る上で、これらは大きなメリットだと僕は考えています。

実際に僕が月30万円のアフィリエイト収入を生んでいるのは、もともとはミドルレンジブログとして立ち上げた一つのブログです。

ただ、デメリットが全くないわけではありません。
次のようなデメリットがあります。

競合が居る

アフィリエイトに限らず、いかなるビジネスでも同じです。
必ずライバルがいます。

そのライバルの存在は、こちらの運営方針に少なからず影響を与えます。
なぜなら、次の2つしか選択肢がないからです。

  • ライバルと正面からぶつからないようなブログコンセプトを作る
  • 正面からぶつかっても負けないような質の高いブログを作る

どちらかです。
そして、どちらも簡単ではありません。

入念な調査が必要ですし、常に自分自身の知識やスキルを高め続け、メンテナンスを定期的に行っていく事が大切です。

資本主義で生きているのですから競争が発生するのは当然です。
競争が発生するのですから、楽して稼げるビジネスはありません。

アフィリエイトもそんな競争の中に身をさらしている事には違いありません。

スポンサーリンク

ルレアプラスのミドルレンジブログを実践して感じた事

実際に僕自身がミドルレンジブログをいくつも立ち上げていく中で感じた事は何か。

何がミドルレンジでは大切で、何が学べるのか。
そんな事を中心に書かせて頂きます。

キーワードの持つ意欲感

キーワードに購買意欲が感じられるのかどうかの違いは、本当に大きな違いがあります。

購買意欲がない人にモノを売ろうとするよりも、既に買う前提に居る人にモノを売るほうが遥かに簡単ですからね。

では、どんなキーワードなら購買意欲が高い人が集まるのか。

ここが分からないという人が多いと思いますし、逆にいえば、その部分への理解が深い人が大きく稼いでいます。

ただ、誰もが狙う稼げそうなキーワードは必ず遅かれ早かれ稼ぎはグンと減ります。競争が激化しますので、検索順位で勝ち残ることそのものが至難の業だからです。

そこで、稼げるキーワードを広げる応用力が求められます。
そのヒントとなるのがミドルレンジで書かれている内容なのだと、実践した上で強くに感じています。

サイトのアクセス、検索順位、収益の安定性

これは僕の実感ではありますが、アフィリエイトを前面に出しすぎたブログは、どうしても検索順位が不安定になります。

一時期はアフィリエイト記事は検索エンジンに相性が悪いのかな・・・と思ってましたが、客観的に見れば似たり寄ったりの記事が多いので、順位の優劣がそれほどつけられないためだと思っています。

複数記事を投下するミドルレンジの場合、どの記事かが上位表示されていれば収益化の可能性があります。

一番稼げそうなキーワードでは上位できなくても、コンテンツとして作成した記事が上位に行けば、そこからアクセスが生まれ、成果につながることもあります。

つまり、収益の波を小さくできます。

メンテナンスが面倒・・・

アフィリエイトブログの宿命ではありますが、商材の変更、規約の変更等でメンテナンスを余儀なくされることです。

成果が発生しているブログならそれも仕方がないと割り切れますが、問題は立ち上げてみたけどイマイチうまくいってないブログです。

放置していても、メンテナンスを求められる。
でも、メンテナンスしても成果につながるわけではないし・・・。
とはいえ、いつか何かのタイミングでグンと伸びるかもしれないし・・・。

捨てるに捨てきれないブログが増えると、そのメンテナンスだけで時間が取られ、新しいブログの立ち上げが進まないという事もあります。

つまり、収益を伸ばすペースが落ちてくる・・・というリスクとデメリットがありますので、メンテナンスをするのか捨てるのかの基準を自分なりに持っておく事が大切になるな・・・と思っています。

スポンサーリンク

ルレアプラスのミドルレンジはアフィリエイトブログの最適解

ライバルとの競争にさらされるのはアフィリエイトの運命ですし、ミドルレンジブログが軸足を置くキーワードは、どうしても、誰もが狙いたくなるキーワードです。

上位に表示されれば月に10万円以上の報酬を得るチャンスがあると誰もが知っているキーワードですので仕方がありません。

それでも僕はミドルレンジをオススメしたいです。

僕のような初心者から中級者の間に居るような人は特にミドルレンジブログを作る事をメインにして作業を進めるほうが良いと思います。

ショートレンジのような月数万円程度の収益でも十分ありがたいですが、できれば夢は大きく行きたいですよね?

だからといって、月100万の収益を生むようなブログを作るイメージが湧きにくいのではないでしょうか?

そこで仮に失敗してもダメージが小さく済み、当たれば月に10万円から30万円という収益を得られる見込みがあるミドルレンジブログが、アフィリエイトの最適解だというのが僕の今の考えです。

そこで収益の安定化を図り、収益が安定したらジャンプアップするためにロングレンジに着手する。

そんなイメージが良いんじゃないかな?と思いますよ。

何よりも、ミドルレンジを作って成果が発生するようになると、生活にも気持ちにもかなりゆとりが出ますので、是非あなたもミドルレンジに挑戦してみてほしいな・・・と思います。